信用できる良きパートナー

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

更に、事業年度はどうするか?についても考える必要があり、会社の印鑑を4種類必要に応じて用意しておきたいものです。印鑑証明書も必要ですし、今後、会社用のホームページも用意しておきたいものです。

未来に向かい希望を抱きスタートしようと思っているみなさん、正直にいえば、株式会社の設立って、決して簡単とは思えないシーンがあります。それ程難しくないという言い方も出来るかもしれませんが、その考える頭があれば、他に回さなければならないことが一杯あります。余裕を持たせるという意味でも、会計事務所などの株式会社の設立サービスなど利用するのが方法と考えることができます。

今、株式会社の設立をしようと思っている人たちも、労苦を少しだけでも軽減させることが出来るため、株式会社の設立サービス、会社設立専門・格安代行センターなどがあります。

そのようなサービスを利用して、会社設立登記、各種届出など、煩雑な手続きをサービス業者が代行してくれます。それは、税理士がサイト運営していたり、司法書士がサイト運営していたり、更に、一般企業が税理士や司法書士と提携していたり、司法書士が運営し、対面なくインターネット上で完結するサービス提供していたり、どれも信用できる良きパートナーです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

しなければならない事

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

次に、決めておく必要なのは、事業目的です。あなたは、なんのために事業をおこさなければならないのでしょうか。どのような事業を行ってどう利益を生み出すことが出来るのか、明文化しておく必要があります。

そして、決めておかなければならないのは、本店所在地です。自宅にするのか、新たに事務所を借りるのかという問題を、あらかじめ決定しなければなりません。レンタルオフィス、コワーキングスペースという方法もあります。いろいろな選択肢を視野に入れて考えてみましょう。

そして、資本金です。資本金とはあなたの株式会社の元手のお金です。資本金を元手にして、会社の運営に必要な人やモノを確保します。パソコンを購入するのも資本金ですし、業用車などを調達するのもこのお金からです。

そして、資本金を出す株主の構成についても考える必要があります。資本金を出す株主の構成とは、ズバリ、その資本金を誰から調達するかです。それによって、次の機関設計をどうすべきか問題も変わって来ます。機関設計とは、資本金を全て創業メンバーの自己資金の調達でまかなうことが出来る場合はあまり深く考える必要もないのかもしれませんが、最初の株主の中に、経営判断に介入してきそうな人たちがいれば、取締役会の設置の可否など考える必要があります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

株式会社の設立

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

株式会社の設立のために、どの程度のお金がかかるものでしょうか。株式会社の設立のためには、まず、資本金とは別として、登記手数料等費用が25万円ほど必要です。定款に貼る収入印紙代、定款の認証時に公証人に払う手数料、登記手続きに必要な定款の謄本手数料、登記手続きの際の登録免許税など、合計して25万円程度になります。

しかし、実際に、株式会社の設立って、いろいろ書類の提出も必要だったりして、素人のみなさんが簡単には出来ないという思いもあるのではないでしょうか。役員の配置を決める機関設計や株主の構成など、いろいろ考えなければならないのこともあります。不安要素を一杯抱えての船出が心配という人たちは、更にお金がかかることになりますが、司法書士や会社設立の代行会社にお願いするという方法もあります。

まず、株式会社の設立以前、しておかなければならない手続きとして、設立項目の決定です。設立項目をまずは決定しなければ、次の定款の作成にスムーズに移行出来ません。定款を作る時までに決めておくべきものは、商号(会社名)です。まず、生まれて来る子供に、名前をつけてあげましょう。やっぱり、取引先に覚えてもらうことが出来る、インパクトのある会社の名前をつけたいものです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

会社設立のメリット

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

会社設立のノウハウはご存じでしょうか。株式会社の設立といえば、何かとても難しい挑戦のようにも聞こえますが、実際にどうなのでしょうか。まず、あなたにとって株式会社の設立のメリットがあるかです。まずは、独立は株式会社からスタートしなければならないという思いは安易かもしれません。株式会社の設立のメリットと同時にデメリットも知っておくべきでしょう。

株式会社の設立のメリットは、会社の信用度が株式になることで俄然増すことです。法人になっていなければ取引不可という企業も実際には多くあります。そして、株式会社の設立によって、節税出来る選択も多くすることが出来ます。

個人事業では、経費として認めてくれないものの、経費として扱うことが出来るものがあります。更に、所得税と法人税のバランスを上手く調節することが出来、手元に残るお金を最大化することが出来ます。

しかし、株式会社の設立のデメリットという考えることが出来るのは、社会保険料を支払いしなければならないことであり、従業員を雇えば、コストが倍増してしまうリスクもあります。そして、赤字であったとしても年間7万円を納めなければならない事態が起こります。源泉徴収の納付や各種保険の手続きなどやるべきことが出来て、やっぱり株式会社は大変は大変です。でも、ステップアップのために、株式会社の設立というものも選択肢の一つです。株式会社の設立以前には、株式会社より設立費用の安い合同会社という選択肢もあります。更にお話しを続けます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket