株式会社の設立

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

株式会社の設立のために、どの程度のお金がかかるものでしょうか。株式会社の設立のためには、まず、資本金とは別として、登記手数料等費用が25万円ほど必要です。定款に貼る収入印紙代、定款の認証時に公証人に払う手数料、登記手続きに必要な定款の謄本手数料、登記手続きの際の登録免許税など、合計して25万円程度になります。

しかし、実際に、株式会社の設立って、いろいろ書類の提出も必要だったりして、素人のみなさんが簡単には出来ないという思いもあるのではないでしょうか。役員の配置を決める機関設計や株主の構成など、いろいろ考えなければならないのこともあります。不安要素を一杯抱えての船出が心配という人たちは、更にお金がかかることになりますが、司法書士や会社設立の代行会社にお願いするという方法もあります。

まず、株式会社の設立以前、しておかなければならない手続きとして、設立項目の決定です。設立項目をまずは決定しなければ、次の定款の作成にスムーズに移行出来ません。定款を作る時までに決めておくべきものは、商号(会社名)です。まず、生まれて来る子供に、名前をつけてあげましょう。やっぱり、取引先に覚えてもらうことが出来る、インパクトのある会社の名前をつけたいものです。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket